フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

「CopyTrans」で画像を同期する方法

もしもiTunesに不具合がでて起動しない…となると、iPhoneやiPodなどと同期できなく困ると嘆かれるのではないでしょうか?
CopyTransは、iTunesがなくても、iPhone・iPod・iPad・iPod touchなどと簡単にデータをやり取りすることが出来るのです。

copytrans-how-to1.png
操作も簡単ですので、iTunesが使いづらいユーザーにもお薦めです。ここではiOSデバイス(iPhone)と画像を同期する方法をご説明します。

※使用デバイス:iPhone5S (CopyTransは、 iOS 8.1/iTunes 12/iPhone 6&6 plusに対応しています。2015年1月現在)
※CopyTrans無料版には制限があります。無制限で扱いたい場合は有料版をお求めください。

 

 

STEP1 コントロールセンターにアクセス

CopyTransを起動してください。

copytrans-how-to2

『CopyTrans Control Center』が表示されます。項目の中から《CopyTrans Photo》をクリックします。

copytrans-how-to3
STEP2 パソコンとiPhoneを接続する

CopyTrans Photoが起動したら、iOSデバイスを接続します。

copytrans-how-to4

copytrans-how-to5

繋げたiOSデバイスは、パソコンとの通信をロック解除しておきましょう。

copytrans-how-to6

STEP3 画像を移動する

認識されると、左上に接続されたiOSデバイスが表示されます。
また左画面には、iOSデバイス内にある画像が表示され、右側にはパソコンの情報が表示されます。

copytrans-how-to7

iOSデバイス内の画像をパソコンに移動します。目的の画像の上で右クリックしてください。
《PCへコピー》を選択します。(直接コピー&ペーストでも可能です。)

移動したい分だけ上記の操作を繰り返してください。

copytrans-how-to8

画像移動が完了したら画面上部にある【変更を適用】をクリックします。これで移動が完了します。

copytrans-how-to9

copytrans-how-to10

●●無料版の注意点について

前述のとおり、無料版には制限があります。CopyTrans Photoの制限数は20アクションです。

《変更を適用する》アクションで1アクションですが、それと同じく画像をパソコンに移動するだけの操作でも1アクションとなります。
もしも20枚画像を移動するというアクションを繰り返すと、それだけで上限になりパソコンに同期することはできませんのでご注意ください。

copytrans-how-to11

無制限で扱いたい場合は有料版をお求め頂くか、シェア機能などを利用するとアクション数が増えます。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー