フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

ブルーライトをカットする「f.lux」

f.luxとは、ブルーライトをカットできるフリーソフトです。
ディスプレイの光温度を監視し、目の負担となるブルーライトの調整をしてくれます。

公式サイト:>Flux Software LLC

●●f.luxのインストール方法●●

公式サイトからダウンロードを行います。《Download f.lux》をクリックしてください。
※Windows・Mac・Linuxに対応しています。
※スマートフォン版もあったようですが、現在は提供していないようです。(2016年1月現在)

f.lux_2

ダウンロードされたセットアップファイル《flux-setup》をクリックするとセットアップウィザードが開始されます。
指示に沿ってインストールしてください。

f.lux_3

インストールが終われば、自動的にf.luxが起動します。

●●目への負担が大きいブルーライト●●

ブルーライトは青色光として。目に負担を掛けやすい色温度です。

青色光は可視光線の中ではエネルギーが最も高く発生されています。
通常なら目の角膜や水晶体で吸収される光が処理できず、網膜まで達しやすくなるのです。

このような網膜への負担により、長時間ディスプレイを見続けると眼精疲労や頭痛など起こす原因ともなります。

f.luxを使うことによって色温度を下げ、目への負担を軽減させることができます。

●●f.luxの使い方●●

f.luxが起動すると、デスクトップ上とタスクトレイに表示されます。
デスクトップ上のf.luxを消してもタスクトレイに常駐しているので、アイコンをクリックすることにより表示が可能です。

f.lux_4
f.lux_5

f.luxのメイン画面上では、一日の流れを波状で表現しており、現在の時間をオレンジ丸で表示しています。

色温度が高くなると青色光が増します。その反対として色温度が低くなると赤色光が増します。
PCでのこういった色温度の状況に、f.luxでブルーライトを弱めるように調節して目を保護できます。

●●f.luxの設定方法●●

f.lux_6

メイン画面上の《Settngs》をクリックすると設定画面が表示されます。

f.lux_7

《1. ADJUST YOOUR LIGHTING FOR DAY AND NIGHT》は、昼夜の光調節させる設定です。

Daytime:日中の色温度
At night:日没後の色温度

各スライダーを左右に調節させます。左に調節すると赤色光が強くなり、右方向ですと青色光が強くなります。

《2. Set Your Location》は、現在位置を設定して、その場所の昼夜時間を調節できます。

テキストボックス内に、郵便番号か現在位置を入力して《Search》をクリックします。
※郵便番号はハイフンなしで入力します。
※現在位置は英語表記で入力しますが、枝番まで詳細に入力する必要はありません。大まかな位置情報を入力してください。
f.lux_8

現在位置が表示されたら《OK》をクリックしてください。

《3. TRANSITION SPEED》は、色温度の変化のスピードを選択できる設定です。

Fast(20s):20秒かけて色温度を変化させます。
Slow(60m):60分かけて色温度を変化させます。

f.lux_9

これら全ての設定が終われば《Done》をクリックして設定画面を閉じてください。

使い初めは、セピア色に違和感を覚え、慣れるまで時間が掛かるかもしれません。
ですが使っていくうちに、目への負担軽減が感じられることでしょう。長時間ディスプレイに向き合うユーザーにはお奨めのフリーソフトです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー