フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

iTunesを使わずiPhoneのデータをバックアップする方法

iPhoneを使っているけど、iTunesは重いから使いたくない、PCに容量がないからバックアップできないという場合、CopyTrans ShelbeeはiTunesなしでiPhoneやiPadのデータをバックアップできるツール。これを使えば問題は解決です。iTunesではできない保存先の選択も可能です。また差分バックアップを行うことで、前のバックアップを残したまま、新たなバックアップを作成できます。iTunesにプラスの機能を備えたツール、フリーソフトです。

簡単に使えますので、iTunesやiCloudの使い方がよくわからない方にもお薦めです。

※使用デバイス:iPhone6 (CopyTrans Shelbeeは、 iOS 8.4/iTunes 12/iPhone 6&6 plusに対応しています。2015年7月現在)

STEP 1 コントロールセンターにアクセス

CopyTrans Shelbeeをダウンロード、インストールします。
ダウンロードURL:CopyTrans Shelbee

CopyTrans Control Centerを起動。

ctc-line-backup2CopyTrans Control Center内にある【CopyTrans Shelbee】上で「スタート」をクリックします。

cts-iphone-backup2STEP 2 PCとiPhoneを接続する

PCとiPhoneを繋ぐためには、専用のUSBケーブルが必要です。パソコンのUSBポートへケーブルを挿して接続します。

cts-iphone-backup3STEP 3 iPhoneのデータをバックアップ

バックアップ>フルバックアップを選択します。

cts-iphone-backup4えんぴつアイコンをクリックして、バックアップの保存先を選択します。

cts-iphone-backup5iPhoneバックアップの保存先を選択し「OK」をクリックします。画像のように外付けHDDを選択することもできます。

cts-iphone-backup6スタートをクリックします。

cts-iphone-backup7進行状況が表示されます。

cts-iphone-backup8これでiPhoneのデータがPCにバックアップされます。

cts-iphone-backup9尚、「通知をオン」することによって、定期的にiPhoneのバックアップをするようにメッセージが表示されます。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー