フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

バックアップソフト「Backup」

Backupとは、データファイルのバックアップをするフリーソフトであり、FFFTPを開発した曽田氏が作成したバックアップソフトです。
バックアップする際は、ファイルのサイズ・日付等をチェックし、更新されたファイルのみのバックアップが可能です。

公式サイト Sota’s web page

●●Backupでバックアップできる範囲について●●

Backupの保存対象になるファイルは、OSやアプリケーションソフトではなく、ソフトウェアで読み込み扱うデータファイルとなります。
例えば、エクセルソフトで扱う文書ファイル・グラフィックソフトで扱う画像ファイルなどのデータファイルです。

これらのバックアップしたデータファイルは、バックアップ元と同じデータファイルがバックアップ先に保存されます。
コピーされたデータファイルですので、エクスプローラーなどで書き戻すことができるのです。

●●Backupのインストール方法●●

公式サイトのBackup紹介ページに移動してください。

Backup_2

インストーラー版とZIP書庫版が用意されているので、お好きなほうをお選び【ダウンロード開始】をクリックしてください。
※レジストリをいじりたくない方は、ZIP書庫版をオススメします。

●●Backupのバックアップ方法●●

ここではZIP書庫版をダウンロードした場合としてご説明します。
解凍したフォルダ内にある《Backup.exe》アプリケーションをクリックして起動させます。

Backup_3

ソフトを起動させたら、【新規追加】をクリックしましょう。
パターン設定画面が表示されますので、設定一覧の上部から簡単に解説していきます。

Backup_4

まずはバックアップするパターン名を入力します。コメントに記入したものは、バックアップ開始時にウィンドウ表示することも可能です。

Backup_5

バックアップ元を設定します。【追加】をクリックして、バックアップしたいフォルダやファイルを選択しましょう。

Backup_6

バックアップ先をを設定します。【追加】をクリックして、バックアックしたフォルダやファイルの保存するディレクトリを選択しましょう。

Backup_7

除外したいフォルダやファイルがあれば、追加してください。また、フォルダやファイルの種類・サイズによってバックアップしたくないものがあれば設定できます。

Backup_8

オプションでは、自分仕様に合わせてカスタマイズできます。※高度な設定ではファイルが間違って削除される恐れもあるので、知識のある上級者以外は変更しないことをオススメします。

Backup_9

タイマーを設定してバックアップをとることが可能です。
ただし、データファイルを開いている最中に変更した個所などはバックアップ対象外となります。バックアップをとるまえに保存しましょう。

Backup_10

システムでは、バックアップが終了したらどのようなアクションを行うかを設定できます。また音を鳴らしてバックアップした合図を設定することも可能です。
※サウンドには、waveファイルをご用意ください。

Backup_11

全ての設定が完了しましたら、バックアップを開始してください。処理が始まり数秒で完了します。

Backup_12

大切なフォルダやファイルは、このようにバックアップをとることが大切です。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー