フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

ソフト上に仮想マシンを作成する「VirtualBox」

VirtualBox(バーチャルボックス)とは、OSにインストールすることにより仮想のマシンを作成させるフリーソフトです。

デスクトップ上にx86ベースの仮装マシンを作成して、別のOSを実行できるソフトウェアです。
オープンソースで開発され、マルチプラットフォームとしてさまざまなOSで使用可能です。

公式サイト:Oracle Corporation

●●VirtualBoxのインストール方法●●

公式サイトから、所有しているPCの環境に合わせてセットアップファイルをダウンロードします。
ここではWindows版を選択しましたので、《VirtualBox 5.0.14 for Windows hosts 》の《 x86/amd64》をクリックします。

VirtualBox_2

ダウンロードしたファイルをクリックして起動させ、ウィザードを開始します。
指示に沿ってインストールしてください。

VirtualBox_3

●●VirtualBoxの使い方●●

本ソフトは、VirtualBoxをインストールしたOS《ホストOS》と、仮想化ソフト上で実行される《ゲストOS》で成り立ちます。
ここではホストOSをWindows 10、ゲストOSをとして実行させてみます。

VirtualBoxを起動させ《New》をクリックします。

VirtualBox_4

《name》にラベルとなる名前を入力し、インストールさせるゲストOSを選択します。
この時点では、実際にOSが組み込まれる訳ではありません。OSに合わせて仮想マシンの設定を行います。

VirtualBox_5

次にメモリの大きさを設定します。推奨される値が設定されているので、通常はそのままで良いでしょう。

VirtualBox_6

仮想マシンに関連付けさせる仮想ディスクを選択する画面です。

・仮想ハードディスクを作成しない(Do not add a virtual hard disk)
・新しいハードディスクの作成(Create new hard disk)
・既存のハードディスクを使用する(Use an existing virtual hard disk file)

3つの中から選択して《Create》をクリックします。
※ここでは新しいハードディスクの作成を選択しました。

VirtualBox_7

ハードディスクファイルのタイプを選択します。
VDI(VirtualBox Disk Image)に合わせたまま《Next》をクリックします。

VirtualBox_8

ファイルサイズを可変・固定のどちらかに選択します。

・可変(Dynamically allocated)
・固定(Fixed sizae)

VirtualBox_9

仮想ハードドライブの作成場所・ファイルサイズを設定します。
作成場所は《VirtualBox VMs》に設定されているので、通常はこのままで続けて良いでしょう。

VirtualBox_10

仮想マシンが作成され表示されています。ここにゲストOSをインストールできる環境が整いました。
それぞれのOSのインストール方法に合わせて導入してください。

VirtualBox_11

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー