フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

Windows用メディアプレーヤーソフト「MPC-BE」

MPC-BEは、Media Player Classic(MPC)とMedia Player Classic Home Cinema(MPC-HC)をベースとした高機能なメディアプレーヤーです。
ベースとなった2つのソフトから改良点とバグ修正を含まれ、オープンソースで開発されました。

提供サイト:sourceforge.net

●●MPC-BEのダウンロード&インストール方法●●

提供元からセットアップファイルをダウンロードします。

MPC-BE_2

ZIP書庫フォルダですので、パソコンにダウンロードしたら、解凍してください。
フォルダ内にある《MPC-BE.1.4.5.787.x86.exe》を起動させて、指示に従ってインストールします。

MPC-BE_3

●●MPC-BEの特長●●

MPC-BEは、MPCとMPC-CHをベースとしたマルチプレーヤーソフトです。黒を基調とした高級感あるインターフェイスであり多機能に富んでいます。

MPC-BE_4

あらゆる動画ファイルや音楽ファイルに対応しています。メニューから【表示 > オプション】を選択して、内部フィルターで確認できます。

MPC-BE_5

また、YouTubeのネットストリーミングにも対応しています。
再生したい動画ページのURLをクリップボードにコピーした状態で、メニューから【ファイル > URLを開く】をクリックすると、自動的にURL欄にコピーしていたURLが貼り付けられます。

MPC-BE_6
MPC-BE_7
MPC-BE_8

メイン画面はシンプルで再生・停止・コマ送りなど、基本操作は分かりやすいかと思います。

MPC-BE_9

Blu-rayやDVDを鑑賞している時には、音声や字幕・映像トラックを切り変えたり、チャプター移動も可能ですので、非常に便利です。
動画や音声ファイルをMPC-BEで常に再生したい場合は、関連付けをしておきましょう。

メニューから【表示 > オプション】を選択して、《プレーヤー > 関連付け》を選択してください。
対応させたい拡張子にチェックを入れてください。

MPC-BE_10

これでチェックを入れた拡張子のファイルを起動させた時にMPC-BEで再生されます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー