フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

「iTunes」でPCとiPhoneを同期させる方法

iPhoneやiPad、およびiPodなどは、パソコン(以下:PC)と同期させることによって持っている性能をより高く発揮することができます。
iTunes(アイチューンズ)は、アップル社が開発・無料配布しているメディアプレーヤーです。 iTunesを使用してPCに保存してある動画ファイルなども、同期して取り込むことで、いつでも手軽に見ることが可能です。
ここでは、iTunesを通してPCとiPhoneを同期する方法をご説明します。

STEP1 iPhoneで再生可能なファイル形式について

iPhoneで動画を再生するには、決められたファイル形式でなければいけません。 再生可能な拡張子としては、次のものがあげられます。

動画形式   :.m4v/.mp4/.mov
圧縮コーデック:MPEG-4/H.264

1

これら以外のものでiPhoneで再生したい場合は、変換が必要になります。
本サイトでは変換ソフトも色々とご紹介しておりますので、そちらをご覧ください。

STEP2 iTunesを起動する

1. パソコン上で、iTunesを起動させます。  インストールしていない場合は、アップル社の公式サイトから無料でダウンロードできます。

2

2. 目的の動画をiTunesに取り込みます。
上部メニューバーの《ファイル→ファイルをライブラリに追加》から動画を選択することができます。

3

または、ドラッグ&ドロップでも取り込むことが可能です。

4

5

このようにムービーライブラリに格納されています。

STEP3 PCとiPhoneを接続する

1. PCとiPhoneを繋ぐためには、専用のUSBケーブルが必要です。
パソコンのUSBポートへケーブルを挿して接続します。

6

STEP4 パソコンをiPhoneに同期する

1. 【iPhone】をクリックしてデバイス管理画面へと移動します。

7

2. 上部メニューから《ムービー》を選択し、《ムービーを同期》にチェックを入れます。
そして同期したい動画を選択します。

8

この時、《自動的に同期》を選択する方法もあります。

9

最新動画や未再生のものなどを手動で選択しなくてもよいので、手間が省けます。
3. 【適用】をクリックします。

10

4. 同期が始まり(画面上部では同期過程が表示されています。)、iPhoneに動画が転送されます。

11

STEP5 確認する
再生できるか確認してみます。
1. iPhone内ビデオアプリをタップします。

12

2. 動画が入っていることが確認できます。

13

3. 無事に再生できました。

14

このように、iTunesを使い簡単な操作で、PCとiPhoneとの同期が行えます。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー