フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

「Windows DVD メーカー」でDVDへの書き込みする方法

Windows DVD メーカーは、標準の DVD プレーヤーを使用してコンピューターやテレビで見ることができる DVD を作成する機能です。DVD を作成する最も簡単な方法は、Windows DVD メーカーで画像およびビデオを追加し、その後で DVD に書き込むことです。

1. Windows Live ムービーメーカーを開きます。

フリーソフトのムービーメーカーをダウンロードする方法

2. ムービーメーカーの画面で、DVDへの書き込みをしたい動画を開きます。

1

上部右上の「ムービーの保存」ボタンをクリックし「DVDへの書き込み」を選択します。

3. 選択した動画を任意のフォルダに保管します。

2

今回は、ビデオライブラリの中に「DVD」フォルダーを作成し、そこに保存します。

下記の様な画面が出れば、
ムービーメーカーが「WMV形式」にムービーを保存している状態です。

3

4. WMV形式の発行が完了すると「WindowsDVD」が自動的に立ち上がります。

4

画面に表示している動画がWindowsDVDメーカーに読み込まれている状態です。

5. DVDタイトルを変更します。

5

テーマにあったタイトルを入れてください。
例えば、結婚式用の動画でしたら「Yoshio&Keiko Wedding」などが良いでしょう!

6. 次にオプション設定を行います。

6

画面右下の「オプション」をクリックすると下記の画面に変わります。

7

①「DVD再生設定を選んでください」
1. 「DVDメニューの開始を選択」
DVDをプレイヤーに入れた時、メニュー画面が表示され開始シーンが選択できる様になります。
2. 「ビデオの再生とDVDメニューの終了」
DVDをプレイヤーに入れた時、本編が自動的にスタートされ、本編終了後にメニュー画面が表示されます。
3. 「ビデオの連続再生」
DVDをプレイヤーに入れた時、本編が自動的にスタートされ、且つ本編がループされます。
(本編が繰り返し流れる様になります)

※基本は①-2「ビデオの再生とDVDメニューの終了」をおすすめします。

②「DVDの縦横比」
1. 「4:3」
画面のサイズを4:3になる様に作成した場合は4:3を選定してください。
2. 「16:9」
画面のサイズを16:9になる様に作成した場合は16:9を選定してください。

※今回は16:9で作成したので、16:9を選択します。

③「ビデオ形式」
日本で再生する場合は、「NTSC」を選択します。

④「DVDの書き込み速度」
「最速」を選択で問題ありません。
もし、エラーが生じる場合は、「遅い」を選択してもう一度行ってください。
※一時ファイルの場所:「規定値」で問題ありません。ただし、うまく焼けない場合は、
速度の早いハードディスクを選んで書き込みをするとうまくいく場合があります。
設定方法:左下の「DVD設定を変更する方法」で設定方法について詳しく説明されています。うまく焼けない時は参考にしてください。

設定が完了したら「DVDオプション」画面下のOKボタンを押します。

次に右下の「次へ」ボタンを押します。

8

ここまで設定が出来たら、
後はパソコンにDVD-Rを入れて、「書き込み」ボタン押せばDVDへの書き込みは終了です。

9

スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • 坂下 秀敏
    • 2015年 7月 06日

    今は、Windows8.1ですが indows DVD メーカー(アイコン)は、ありません。Windows DVD メーカーが欲しいですが、探してでも、見つかりません。ダウロードとフリーとなど。 どこに教えてくれます?よろしくお願いしますより。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー