フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

「LINE」で相手にブロックされているか確かめる方法

LINEは、無料で通話やメール(チャット式)が楽しめるスマートフォンから始まったコミュニケーションツールです。 24時間、いつでもどこでも、気軽にコミュニケーションをとることができます。
スタンプ機能や画像・音声も気軽に送れるため、多くのユーザーに使用されており、 個人ならず企業などにも取り入れられ、今や社会現象にまでなっています。
ここでは、相手にブロックされているのかを確かめる方法をご紹介します。

◆使いたくない・使われたくない《ブロック機能》

1

友人と気軽にコミュニケーションをとることができるので、メールより使い勝手がよく 多くのユーザーが愛用していますが、ややネックになる機能も備わっています。
それがこの《ブロック》機能です。

2

ブロックしたら、相手へのメッセージは強制的に入力できなくなります。 ブロックされた側は、メッセージを送っても相手には届きません。

3

もちろん、今まで見れていたタイムラインも見ることができません。

4

メッセージが送られてくることを回避するための機能なのでしょうが、 自分の知らないところでブロックされているのはショックなものです。

真実を知るのが怖い気もしますが、疑惑を持ったものを払拭するためには、やっぱり確かめたいですよね。 しかし、簡単に相手に尋ねる訳にもいきません。

◆ブロックされているのかを確かめる可能性あり《スタンププレゼント》

5

もしブロックされているのでは?と不安に感じた時に、それを調べる方法も存在します。 それが《スタンプをプレセント》する機能です。

スタンプ情報から【プレゼントする】を選択してください。

6

贈る友達を選択して【選択】をクリックします。

7

8

「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」

このような表示がでたら、ブロックされている可能性があります。 しかし、本当にスタンプを持っている場合もありますので、色々なスタンプを贈ってみて同じ表示がでたら ブロックされているのかもしれません。

事実を知ることによって、ちょっと悲しくなる機能です。 このような機能はあまり必要がない気もしますが…、 でもできれば、こんな確認をしないような関係性を築き上げていきたいですよね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー