フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

「Microsoft Outlook」のインストール方法

Microsoft Outlookは、マイクロソフト社が開発した有償の電子メールソフトです。 Office製品の1つであり、Microsoft WordやMicrosoft Excelなどの、他のOffice製品との互換性が高いので、 情報を共有することなどが可能です。
電子メールの送受信はもちろんのこと、プライベートや仕事のスケジュール管理、住所録・備忘録・履歴などの個人情報を管理することができます。
Outlook Expressと似ていますが、こちらはブラウザであるInternet Explorerに付属している無償のメールソフトです。 目的・機能は若干異なりますのでご注意ください。 ここでは《Microsoft Office Home and Business 2010》製品ディスクからインストールする方法をご説明します。

STEP1 インストールを行う

1. 本ソフトが入ったDVD-ROMをパソコンにセットします。  自動的に再生が始まりますが、始まらない場合はフォルダ内の【Setup】をクリックします。

1

2. お使いのPCの環境によって、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されますので、【続行】をクリックします。

2

3

3. プロダクトキーを入力します。メディアケースに張られている25桁の英数字を打ち込みます。
正しく打ち込んだら【続行】ボタンが有効になるのでクリックします。

4

●ご注意

プロダクトキーは、本ソフトを使用する上で必要不可欠なものですので、無くさないようにご注意ください。
4. インストールの種類を選択します。【今すぐインストール】をクリックします。

5

↓インストールが開始されますので、暫くお待ちください。

6

5. インストールが完了したら【閉じる】をクリックしてヴィザードを終了します。

7

※インストールが完了したら、製品DVD-ROMはプロダクトキーと共に、大切に保管してください。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • 桑原茂喜
    • 2015年 12月 03日

    現代セブンを使用していますが画面に10に無料で変更しますと出てきますが他に必要な金額はありませんか
    10に変更後も何ら変わりはありませんか

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー