フリーソフトコンシェルジュドットコムは無料(フリー)ソフトの情報サイトです!

「Firefox」動作が重たい時の対処法

FireFoxは、オープンソースのWebブラウザとして、高いシェアを誇っています。

豊富にあるアドオン(拡張機能)でのカスタマイズ性の高さに優れ、高速で安全なブラウジング。
シンプルで初心者でも使いやすいインターフェイスで、多くのユーザーの支持を集めています。

ですが…

どのWebブラウザについてもいえることですが、長期に渡り使っていると動作が重たく感じる瞬間が出てきます。
ここでは、どうしたら正常な動作に改善するのかということを解説します。

●改善その1 最新バージョンに更新する

もし、お使いのFirefoxが最新バ―ジョンではなかったら更新を試みてください。
FirefoxはCPUの使用率が高くなることがあります。最新バージョンでは使用率の改善がされているので、重たいと感じたときはバージョンを確認しましょう。

1

ブラウザ画面右上の【三】レンチアイコンをクリックしてください。
メニューが表示されますので《【?】→Firefoxについて》を選択します。

2

このように、バージョンを確認することができます。最新でしたら、その表示もされています。

●改善その2 Firefoxを再起動する

長時間使用することによってメモリの消費率も高くなり、やはり動作が重たくなる要因になってしまいます。
1度、Firefoxを再起動してください。

3

こうすることによって、驚くほどに動作が軽くなることがあります。
●改善その3 一時的データを消去する
Firefoxを使っている過程で、新たなページを閲覧することは必然的なことかと思います。またファイルのダウンロードをすることもあるでしょう。
そのような履歴等のデータは、一時データとして保存されています。それがFirefoxを使っていく内にどんどん蓄積されて、動作不良の要因となるのです。
それらのデータを下記の手順で消去しましょう。

4

ブラウザ画面右上の【三】レンチアイコンをクリックする。
《履歴→最近の履歴を消去》をクリックする。
消去する履歴の期間を《すべての履歴》に合わせる。
【ダウンロードの履歴・Cookie・キャッシュ】にチェックを入れて《今すぐ消去》をクリックする。

5

このような手順で、動作改善を試みてください。

●改善その4 アドオンを無効にする

Firefoxの特長として、アドオン(拡張機能)の導入です。たしかに便利なアドオンがたくさんあり、実際に導入することによって格段に便利になります。
ですが、やはりこの機能も動作を重くする要因となるのです。

6

上記の手段でも重たいと感じる場合は、アドオンを無効にすることを視野に入れましょう。

7

ブラウザ画面右上の【三】レンチアイコンをクリックしてください。
メニューから《アドオン》を選択して、アドオンのページへと移動します。

8

拡張機能・テーマ・プラグインとありますので、それぞれの項目から【無効化】をクリックします。
Firefoxを再起動する必要もありますので、各項目の従って対処してください。

また、全てのアドオンを無効にして再起動をすることもできます。
以下の手順で行ってください。

9

ブラウザ画面右上の【三】レンチアイコンをクリックする。
《【?】→アドオンを無効にして再起動》をクリックする。
【再起動】をクリックする。

10

●改善その5 広告表示させないアドオンを導入する

上記の方法と真逆の手段ですが、Webサイトを閲覧する際に表示される広告なども、CPUを消費させて動作を重くする要因です。
そのような煩わしい広告を表示させないアドオンを利用することによって改善しましょう。

Adblock Plus(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/adblock-plus/
Element Hiding Helper for Adblock Plus(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/elemhidehelper/?src=search
Flashblock(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/flashblock/
NoScript Security Suite(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/noscript/
Ads Cleaner(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/ads-cleaner/?src=search

これらは、広告表示させないためのアドオンです。必要に応じて利用してください。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー